CAMPERS

キャンプ初心者や、これからキャンプを始めようとしている人達に役立つ情報をお届けするブログです。おすすめのキャンプ商品のレビューやキャンプを楽しく快適に過ごせるノウハウを主に紹介しています。

キャンプでの夜間作業にはヘッドライトがおすすめ|ランタンと使い分けてもっと快適に!

夜は焚き火やじっくり作った晩御飯などの楽しみに溢れる反面、どんな作業にも明かりが欠かせません。

夜のキャンプ

キャンプの夜を照らす道具といえばランタンのイメージがありますよね。

今回は、そんなイメージを覆す照明器具「ヘッドライト」についてご紹介します。

ヘッドライトとは

ヘッドライト(別名:ヘッドランプ)とは、帽子のように被って取り付けるライトのことです。

キャンプ・釣り・登山など夜間に作業する多くのアウトドアで使用されています。

ヘッドライト

私は有名アウトドア用品メーカーmont-bell(モンベル)のパワーヘッドランプ(写真左側)を愛用しています。

夜間作業に適した4つの特徴

ヘッドライトは4つの特徴からランタンよりも夜間作業に適しています。

目線の先をピンポイントで照らす

1つめは、見たい場所が常に明るいこと。

ランタンは人や物が影になって見えない場所ができてしまいますよね。

ヘッドライトは目線と同じ所に光が届くので見たい場所が影で隠れません。

ハンモックの下に落ちている荷物
ハンモックの下に落ちている荷物

テーブルやハンモックの下に落ちているものまではっきり見えるので、寝る前の片付けが楽ちんになりました。

両手を使って作業できる

2つめは、照らしながら両手が使えること。

ランタンで照らす場所を変えるためには、手で持って運ばなければいけません。

これって調理やトイレなどのときに結構手間なんです。

ヘッドライトは頭部に装着するので、日中と同じように両手で作業できます。

www.youtube.com

私は、焼き加減の確認のために何度も鍋をランタンに近づける煩わしさとこれでおさらばしました。

コンパクトかつ簡単な操作でサッと使える

3つめは、サッと使えること。

ランタンはケースから出す・燃料を入れる・点火するなど使用までいくつかの準備が必要です。

しかし、ヘッドライトならポケットから取り出してスイッチを押すだけ!

ヘッドライトをいれたポケットポケットに収まるヘッドライト
ポケットに収まるほどにコンパクト

さらに、服装を選ばずにいつでも装着できるんです。

帽子の上から装着したヘッドライトフードの上から装着したヘッドライト

装着後も締めつけ感・重さをあまり感じないので、私は暗くなり始めてから寝るときまでずっと着けています。

狭い場所でも使いやすい程よい明るさ

4つめは、明るすぎないこと。

テントが密集するような窮屈なサイトでは、ランタンの明かりは他のキャンパーに迷惑をかけてしまいます。

ヘッドライトなら自分の周囲だけを程よい明るさで照らせるので狭い場所でも気兼ねなく使えるんです。

ハンモックの上だけを照らすヘッドライト
ハンモックの上だけを照らすヘッドライト

全員が快適なキャンプを過ごすためには、1人1人が周囲の人を気遣う心がけが大切ですよね。

注意:紛失しやすいので帰る前に確認すること!

ヘッドライトは小さく、使用していないときは見失いやすい道具です。

「どこかにしまっただろう」と思い込んでいると帰宅後に慌てることに…

ヘッドライトが見当たらないコンテナ
ヘッドライトが見当たらないコンテナ

私は2回ヘッドライトをなくしているので、今は帰宅前に荷物に入っていることを確認しています。

キャンプ場に落とし物を残さないためにも、帰宅前の荷物確認を怠らないようにしましょう。

複数人でまとまって過ごすときはランタンがおすすめ

ヘッドライトは作業を行うときの照明に適していますが、下記の点から複数人で過ごすには不向きでした。

  • 目線を向けている範囲しか照らせない。
  • 複数人がヘッドライトを点灯しているとお互いに眩しくて不快になる。

1箇所でまとまって談笑するときはランタンの明かりがおすすめです。

キャンプ初心者におすすめのランタンについては、こちらの記事で紹介しています。

campers.hatenablog.jp

まとめ

夜間に作業をするときに目線の先が明るく、両手も使えるヘッドライトは非常に便利です。

ソロキャンプならヘッドライトがあればランタンがなくとも夜間の設営や調理にも困りません。

  • 単独で作業するときや窮屈なサイトでのキャンプはヘッドライト
  • 家族や仲間と談笑するときはランタン

このように使い分けることで、キャンプの夜が一層楽しめますよ!